自宅で抜け毛対策

AGAは男性ホルモンにより発症してしまう薄毛の症状です。原因の男性ホルモンを抑制することで薄毛は改善していきます。

AGAの症状について

AGAの症状

男性の悩みとして年齢をを重ねるごとに大きくなるもの。その一つが薄毛ではないでしょうか?髪が抜け、頭皮が寂しくなり見た目にもより老けて見えるようになります。とりわけ男性の中で多い薄毛の症状と言えば男性型脱毛症、いわゆるAGA(Androgenetic Alopecia)です。男性のみに起こる症状で薄毛の症状の中では最も多いのです。加齢とともに起こりやすくなりますが、実は若い方でも発症します。いわゆる若ハゲと呼ばれるその多くはAGAと言っても良いでしょう。そのくらい現在ではAGA患者が多いのです。

AGAに限らず薄毛の症状というものは何種類かあります。脂漏性脱毛症や、髪の長い方に多い牽引性脱毛症、ストレスなどが原因で起こる円形脱毛症などが代表され、いずれもその原因と改善方法は異なってきます。もちろんただ単に加齢によって毛根に栄養が行きづらくなって髪がやせ細り抜けていったりなどそういうものもあるのですが、AGAにはこれらの症状とは違う原因によって発症します。

AGAの原因

AGAの原因

早速ですがAGAについてその原因や改善方法などいくつかをご紹介してまいりましょう。まずはその原因です。アンドロゲン、つまりは男性ホルモンによって起きる症状です。とある物質と結びつくことによって変化し、強力なホルモンとなって髪の毛に影響してしまいます。その大元になるのがテストステロンというホルモン。テストステロン自体には男性を薄毛にさせるような作用はありません。男性にとっては非常に大切なホルモンで、筋肉を作ったり骨格を発達させたりといった作用をもたらします。

しかし先程説明したとある物質により薄毛を誘発してしまうホルモンに変化してしまうのです。その物質とは「5αリダクターゼ」という還元酵素により変換されます。本来であればテストステロンを補助する役割を持ち、より体内で効率よく作用するようにする大切なものなのですが、多く分泌されてしまうと薄毛の原因になってしまいます。ちなみに分泌量は遺伝的要素が関係あると言われているため、薄毛は遺伝するというのはある意味では正しいと言えるでしょう。

テストステロンと5αリダクターゼ

テストステロンと5αリダクターゼ自体は薄毛にするような作用を持っていないと説明しました。しかしこれらが結びついてしまう事によって薄毛の原因になってしまうのです。それが「ジヒドロテストステロン(DHT)」というとても強力なホルモンで、テストステロンの10倍の力を持つと言われています。テストステロンが5αリダクターゼによってDHTに変換されてしまうことでAGAを発症してしまうのです。

DHTが原因で何が起こるのか?

ではその一連の流れを簡単に。髪の毛の毛根には毛乳頭という部分があり、そこには毛乳頭細胞があります。発毛を促す働きを持っているのですが、DHTがそこへ入り込んでしまうと細胞分裂を妨げてしまうのです。ということは発毛をすることが非常に難しくなり髪の毛の成長も抑えてしまいます。するとどうなるか?答えは簡単です。通常であれば月日が経つごとに長く伸び、太く成長をする髪の毛が短いまま成長することが出来なくなります。

これが広範囲に及ぶとどうなるでしょう?もうお分かりだと思いますが、多くの髪の毛が短いままの状態で、しかも太く成長せず細いままの状態で残っているため頭皮が透けて見えてしまいます。これが薄毛の正体です。強力なホルモンによって髪の毛の成長が妨げられてしまい、そしてそのまま抜け落ちてしまいます。

これがいわゆる「ヘアサイクル」の乱れというものです。ヘアサイクルは実に長い年月を要すものです。大体2~6年で髪が少しずつ成長していきやがて抜けていく期間です。しかしAGAの場合は成長する時間が非常に短くなりすぐに止まってしまうため、髪の毛は長くならず、しかも細いままの状態を維持してしまいます。しかもその期間は短いため、抜ける本数も多くなってしまうのです。

脱毛だけではなく髪の毛の状態も関係

薄毛の状態は髪の毛が抜け落ちる事で起こるものだと思いがちですが、それだけではなくボリュームが無いことにより、頭皮が透けて見えるために髪の毛が無いように見える状態でもあるのです。薄毛により男性は老けて見られてしまい、自信を無くしてしまう方も多いといいます。

正しいヘアケアをして脱毛を阻止

正しいヘアケアをして脱毛を阻止

そんな方は密かにヘアケアをしているのではないでしょうか?正しく行えていれば良いのですが、間違った方法で行うとより悪化してしまう事を覚えておかなければなりません。もちろん何もせずに放置をすることも厳禁です。なぜならばAGAは進行性の症状です。ゆっくりと、しかし確実に髪の毛は減ってしまっています。ひと目見ただけでは分かりませんがいつの日か気付いたときにはこんなに減っている、と嘆いても時既に遅し、と言えましょう。

頭皮の皮脂汚れ

まずは頭皮の状態を改善してみましょう。皮脂が過剰に分泌されたりしていないでしょうか?皮脂汚れは脱毛の原因にもなりますのでこれを取り除くことは効果的であると言われています。そこでスカルプシャンプーなどを使ってみましょう。洗浄力はそこまで強くないため、頭皮にやさしい製品が多いです。強力な作用を持っているというわけではありませんが、それによって抜け毛が減る可能性が高くなります。

血行を良くする

血行を良くする

頭皮マッサージも血行を良くするためおすすめです。特に入浴時に行うのが効果的のようです。適度な力加減で頭皮を刺激してあげましょう。かなり気持ちいいと思います。くれぐれも爪を立てずに、そしてあまり強く押しすぎないようにして下さい。頭皮を痛めてしまいます。

食事や生活環境

いつもしている食事はどのようなものですか?動物性のものが多かったりしませんか?実はこれも薄毛の原因の一因だと言われています。確かに髪の毛はタンパク質ですから、肉を食べ、タンパク質を補給することは欠かせません。しかし過剰に摂取してしまうことでバランスが崩れてしまいます。野菜類でビタミンを摂取することも大切です。食のバランスを考え、そして日頃の生活習慣も見直してみましょう。劇的に見えるものではないにせよ、確実に体内の状況は変わるはずです。

AGA治療薬で改善

AGA治療薬で改善

ここまでは日々の生活で出来ることをお送りしましたが、さらに踏み込んで今度は医薬品の力も借りてみましょう。とても効果が高く、しばらく続けることで目に見えて変化が起きます。多少変化が起きたからといって止めてはいけません。最低でも半年は続けるようにして下さい。そうすればより多くの髪の毛が戻ってくることでしょう。

プロペシア

まずはAGA治療のパイオニアとも言えるプロペシア。この薬は発毛のためではなく、抜け毛を予防する薬です。薄毛を促してしまう強力なホルモンであるDHTの生成の元、5αリダクターゼの働きを阻害する作用を持っています。これによりヘアサイクルは徐々に正常に戻り、髪が再び生えだし成長もしていきます。その結果発毛にも繋がっていきます。AGAにはプロペシア!というほど有名であり、とても効果のある薬です。

ミノキシジル

続いては発毛効果に期待が持てる成分、ミノキシジル。この成分は古くからあり高血圧の改善に使われていました。血管拡張作用があるため、頭皮の血管にもそれが及び発毛を促すのです。と言ってもその詳細なメカニズムは未だに不明のようで、なぜ発毛に至るのかは分かっていません。

ロゲイン

ミノキシジルには外用薬とタブレットの二種類の形状があり、外用薬で有名なのがアメリカの大手製薬会社、ファイザー製薬より発売されているロゲインです。男性用と女性用があり、それぞれミノキシジル含有量が違います。基本的な使い方は塗るだけと簡単なのですが、回数を重ねれば良いというものではなく正しい使用方法でなければあまり効果が出ないので注意です。

ミノキシジルタブレット

もう1つ、錠剤であるミノキシジルタブレット。高血圧の治療に用いられている形状ですので本来であれば発毛のために使用されていたわけではありません。しかし体内にミノキシジルを取り込むことにより、外用薬よりも成分が吸収されやすくなるため非常に効果が高いのです。そのため外用薬で思ったような結果が出ない人におすすめの形状です。

ザガーロ

もう1つ忘れてはならないのがザガーロという薬。こちらもプロペシアと同様、5αリダクターゼを抑制することで脱毛症状を送られる効果を持っています。しかもその効果はこちらの方が高いといいます。その理由は2種類の5αリダクターゼを抑えるため。実は1型、2型と存在し、プロペシアは2型しか抑えることが出来ません。ザガーロはどちらの型も抑制することができ、より脱毛効果と発毛力もアップするというわけです。

AGA治療薬の購入方法

AGA治療薬の購入方法

上記の薬を購入するためには医療機関へ行かなければなりません。それは処方薬であるから。医師より処方せんをもらわなければ購入が出来ません。しかしそれ以外にも購入方法があることをご存知でしたか?海外で販売されている薬を個人輸入によって購入するのです。

しかし個人輸入の方法は少々煩わしいため、現在ではその手続を代行してくれる代行業者によって運営される通販サイトを利用し、購入するのが一般的です。通販で購入するのは非常に簡単であり、しかも国内で処方されるよりも安く購入できるためとても人気なのです。ぜひ通販を利用して薄毛を改善しましょう。