プロペシアより小遣い制の親父に優しいフィンペシアで薄毛を止めろ!

プロペシアの抑制効果

男性の方が成人を超えてから起こるとされるAGAは禿げてしまう原因の九割が本症とされ、毛髪あ持つ毛周期を乱し髪の成長を止める物質が増加する事で抜け落ちてしまう本数が増え、栄養が不足した軟毛が増え続ける事により前頭部や頭頂部の毛髪が少なくなり続ける進行性脱毛症になり、雄性ホルモンテストステロンがI型5-α還元酵素により転換される事で産生されるDHTが原因の物質とされます。

この物質が毛乳頭細胞内にあるトランスポーターに結合する事でTGF-βという蛋白質の一種とされる物質が形成され頭皮の毛髪を休止期にあるいは退行期へと変化させてしまい毛髪の成長を損ね、太い硬毛へと成長する前に毛穴から毛髪が抜けてしまい、一本の髪の寿命も本来十年とされる所を一年未満にしてしまい再び髪が毛穴から生える事は無くなってしまいます。

この状態を改善し発毛の効用を持ち、上記変換酵素を阻害する事が出来るプロペシアとは、?型5-α還元酵素阻害薬に分類する事のフィナステリド含有の薬でありDHTが産生される前に酵素が活発になる事を防ぎ、毛髪の成長を損ねる物質の産生を抑制する事で通常の周期へと毛周期が改善され、休止期や退行期と入る事を止めるので発毛作用を期待する事ができ、生えてこなくなった毛穴からも再び髪が生える様になります。

プロペシアには後発薬としてフィンペシアがあり同様の作用を期待する事ができ成分もフィナステリドになり、低価格での投与も可能にしておりまた医師の処方によらなくても投与開始する事が可能となります。

また臨床試験によると75%の方には発毛促進効果や脱毛進行の抑制効果が現れましたが、残りの約25%の方には全く作用を示さないので、この試験結果についてはプロペシア、フィンペシアの投与前に留意しておくべきになります。

同一フィナステリド含有のフィンペシアであれば万一、作用がなくてもかかる費用を抑える事も出来るので費用負担の軽減を検討するのであれば後発薬の方が優良な選択になるかも分かりません。

■プロペシア通販ガイドでAGAについて調べる