自宅で抜け毛対策

プロペシアはAGA治療薬として有名な薬で、その効果はホルモンを抑制し、脱毛を抑えます。それによって発毛も促されるのです。

プロペシアの効果

プロペシアの効果

AGAに対抗できる唯一の薬として一世を風靡した治療薬、それがプロペシア。アメリカの大手製薬会社であるメルク社より製造販売され、全世界で有名なAGA治療薬です。国内でも既に発売が10年以上経過しており、実績や知名度が広く知れ渡っています。医師からもAGAに対し処方がされる程、その効果は周知されています。厚生労働省で唯一認可されたAGA治療薬だからでしょう。このページはその効果や使い方、服用方法や注意すべきことも合わせてお伝えしていきます。

プロペシアの特徴

プロペシアは発毛剤、つまり毛生え薬と勘違いをされていますが、効果としては発毛を促すというよりも脱毛の抑制や止めるという働きの方が強いのが特徴です。AGAの原因となる強力な男性ホルモンを作り出す酵素「5αリダクターゼ」を押さえ込むという働きで、乱れたヘアサイクル(髪の毛の成長や脱毛の期間)を徐々に元に戻し脱毛を抑えていきます。

ヘアサイクルの乱れを正常にする

ヘアサイクルの乱れを正常にする

プロペシアの主成分フィナステリド。この成分は元々前立腺肥大の治療、そして前立腺がんの治療のために使われていました。そのため実は脱毛を抑えるという作用は副作用にあたり、この効果を研究し実証された薬がプロペシアなのです。少し話が逸れてしまいましたが、ヘアサイクルの乱れとは、髪の毛の成長期間が著しく短くなり、そのまま成長が止まるため細長い、そして短い髪の毛となって現れます。

薄毛と言われる所以はこれにあり、密度が少なく見えてしまうため(もちろん脱毛も多くなってしまうのですが)頭皮が透けて見えてしまうのです。それがいわゆるハゲという状態。その際にプロペシアを使用し脱毛を抑えると髪の毛の成長が再び行われ長くコシのある状態へ成長します。それにより透けて見える頭皮も黒々と変化していき、気持ちも段々明るくなるのではないでしょうか?

プロペシアの副作用

>プロペシアの副作用

男性の味方であるプロペシアにも当然副作用は起きます。しかもそれは男性機能に関わるものが多く、気を付けねばならない事もいくつかあります。それはなぜか?主成分フィナステリドには抗アンドロゲン作用があるためです。アンドロゲン=男性ホルモン(男性化に関わるホルモン)を抑制しAGAを改善する効果のことです。

報告の多いものとしては性欲の減退、勃起不全(ED)、精子数が減少するといった症状。食欲不振や蕁麻疹、肝機能障害も起きるそうです。しかしいずれもその発生リスクは低いようで極度の心配には及びません。もちろん発生するには発生はしますが、思い込みもよくありません。プラシーボ効果によりかえって具合が悪くなる可能性があります。思い込みは案外馬鹿になりません。

妊婦がいる場合の取扱い

妊婦がいる場合の取扱い

そして最も気を付けなければならないのが妊娠している女性へ近づけないこと。プロペシア自体女性が服用しても効果が無いというのもそうですが、もし妊娠している胎児が男児であった場合、抗アンドロゲン作用の影響で性器の発達が未熟になってしまう危険性があるためです。

服用もそうなのですが錠剤に触れさせることも禁じられています。触ることでも皮膚から成分が浸透してしまうからです。通常はコーティングされているため危険性はありませんが、もし半分にカットして使用している場合は要注意です。妊娠している女性が近くにいる場合、しばらくはプロペシアの使用を控えた方が良いでしょう。

プロペシアの服用方法

プロペシアの服用方法

服用方法は1日1錠です。上限は1mgであるため、それを超える事が無いよう注意します。服用する時間などは特に決められていませんのでお好きなタイミングで行って下さい。ただ24時間間隔で行うほうが良い効き目が出てきます。もちろん継続することが大切なので抜けがないよう、自身が服用しやすい時間を決めておけばまず大丈夫でしょう。一般的には3~6ヶ月間で効果がみえるということです。まずは継続していきましょう。

ミノキシジルとの併用は特におすすめ

ミノキシジルと合わせて使うことでより良い効果を発揮します。いわゆる相乗効果というやつです。プロペシアは脱毛を抑える働き、ミノキシジルは発毛を促す効果が強いため、互いに作用しあいより高い効果を生み出すのだと言います。ミノキシジル外用薬(ローションタイプ)のロゲイン、またはミノキシジルタブレットと一緒に使ってみましょう。プロペシア単体で使うより、効果が違ってくるはずです。

プロペシアの購入方法

プロペシアの購入方法

購入方法には2通りあります。1つは医療機関へ行き処方してもらう方法。医師のアドバイス、注意事項などの説明があるため使い方もすぐに覚えられるというのが利点です。不明点にも答えてくれますし、初めて使う場合にはとても頼りになることでしょう。ですがAGA治療は自由診療にあたります。

プロペシアは保険適用されない薬なので全額自費で支払う必要があります。しかも交通費や診察代が必要な場合も出てくるので、結構な金額を用意せねばなりません。

おすすめは通販を使う方法

もう1つは通販を使う方法。自身でその効果や副作用を把握した上で購入しなければなりません。ただ医療機関で処方されるより割安で手に入れることが出来ます。なぜかというと海外で販売されているプロペシアを個人輸入で購入するためです。海外の薬は基本的には国内よりも安い傾向があります(為替で変動しますが)。海外医薬品の通販サイトは個人輸入代行業者により運営されています。必要な手続きや現地の業者とのやりとりも全て行ってくれるため、ユーザーは注文と支払いを行うだけ。

ショッピングサイトと同じ感覚で購入でき、通院に時間の取れない方やプロペシアを安く手に入れたい方、AGAの治療を誰にも知られたくない方などそれぞれの目的を持った方に広く利用されています。一度使ってみればその便利さに驚くかもしれません。ぜひ一度通販で購入してみて下さい。同時にロゲインやミノキシジルタブレットも購入出来るので、その点に関してもおすすめ出来る理由です。