自宅で抜け毛対策

シャンプーの方法に気を使えば、頭皮の状態も清潔になり脱毛を防ぐことが出来ます。皮脂の分泌には特に気を付けましょう。

正しいシャンプーの方法

正しいシャンプーの方法

薄毛対策にはAGA治療薬の使用が最も効果が高く、しかも結果が目に見えて分かりやすいため多くの方が実践し、医師からも推奨されている方法です。しかし元の頭皮の状態をきれいに整えてあげることでその結果もよりよいものに変わると思いませんか?実際正しいヘアケアをすることでもっと育毛・発毛効果が現れるといいます。こちらのページではその方法、特にシャンプーについてお送りしたいと思います。

頭皮を清潔にする

頭皮を清潔にする

まず薄毛の方にとって気を付けていただきたいのが清潔感です。髪型もそうですが、頭皮にも同じことが言えます。特に皮脂の分泌に注目してみて下さい。少なすぎるのも駄目なのですがAGAの方は皮脂の分泌が多い方を良く見受けます。それにより毛穴がつまり例えばロゲイン(ミノキシジル外用液)を塗ったとしてもあまり効果が見られません。皮脂により浸透が邪魔されてしまうからです。

皮脂の分泌に気を使う

過剰な皮脂の分泌で炎症が起こってしまう可能性も否定できません。フケが多くなったり雑菌が繁殖したりするためです。痒みが発生し頭を掻いてしまうことで傷が出来てしまいます。薄毛の方にとっては大きなダメージとなってしまいます。しかもその状態でロゲインを使ってしまえば傷口に染みるはずです。それは本末転倒な結果と言えるでしょう。

薄毛の方こそスカルプシャンプーを

薄毛の方こそスカルプシャンプーを

そこで皮脂を落とすシャンプーのご紹介です。それが「スカルプシャンプー」というもの。聞いたことがありませんか?スカルプとは頭皮という意味で、その名の通り頭皮を清潔することに特化したシャンプーです。その他にも頭皮に良い成分が配合されているものが多く、育毛・発毛の環境を整えてくれます。

洗浄力の弱い製品がほとんどです。先にも記述したように皮脂の落とし過ぎもかえって頭皮に良くないからです。不必要な皮脂を落としてくれ、毛穴の詰まりを解消してくれます。一般的なシャンプーは基本的には髪を綺麗に見せるような効果がほとんどで、とても洗浄力が強いです。そのため皮脂を取りすぎてしまい、過剰に分泌する原因を作り出してしまいます。

スカルプシャンプーは一般的に市販されているシャンプーより少々割高ですが、選んで損は無いかと思います。そしてその中で自身と相性の良い物を選べばより健康的な頭皮に近づけることでしょう。

正しいシャンプーの方法を覚え、ケアしましょう

>正しいシャンプーの方法

薄毛の方が行うシャンプーの仕方や方法についてもお教えします。先程はおすすめのシャンプーの方法をお伝えしました。今度はそれを行う方法です。まず事前に行うこと。まずは髪を洗う前にブラッシングをしてあらかじめ髪のほつれを取ってあげましょう。そうすることでシャンプーしやすくなります。指通りが良くなり、そしてブラシによって適度に頭皮が刺激されるため血行がよくなるためです。

ぬるま湯で汚れを落とすイメージで濡らす

続いては実際にシャンプーを行う際のやり方です。まずはしっかりとぬるま湯で汚れを洗うような感覚で流します。その際は必ずシャンプーをするように指でマッサージしてみましょう。熱いお湯だと皮脂が落ちすぎてしまい過剰分泌の原因になってしまいます。

泡立ての際も気を付け、頭皮を洗う

ようやくシャンプーで髪を洗うのですが、その際はまず手のひらで泡立てることをおすすめします。それにもちゃんと理由があり、直接シャンプーを付けて泡立てるのは皮脂にとって刺激が強すぎるためだからです。特に薄毛の方にとって、頭皮はデリケートな状態。一旦手のひらで十分に泡立ててから直接頭皮に付けましょう。

もちろん洗い方も優しくです。爪を立てて洗ってはいけません。頭皮が傷ついてしまいます。指の腹でゆっくりと優しくマッサージするような感覚で洗ってあげましょう。それだけで十分皮脂や汚れは落ちていきます。その後はしっかりと流します。この際に気を付けねばならないことは、シャンプーの流し残しがないこと。洗い残したシャンプーは頭皮にとってのダメージ源となってしまいます。

朝シャンは髪に悪いと聞いたことがありませんか?それはこの洗い残しのせいでそういったイメージが定着したのです。朝は特に急いでいるものです。そのため十分にシャンプーを洗い流していないことも多くなってしまい、頭皮トラブルが多くなってしまうためそのようなイメージが着いてしまったのです。ですので朝起きてシャンプーする際もしっかり洗い流すようにして下さい。

ドライヤーにも気を使う

ドライヤーにも気を使う

ドライヤーの仕方についても少しお伝えしましょう。これは薄毛の方に限らずですがまずしっかりとタオルドライを行います。ドライヤーの当て過ぎは髪の毛にダメージを与えてしまうからです。そこで十分に水分を出来るだけ取りましょう。続いては実際に乾かします。乾きやすいからといってあまり近づけてはいけません。なるべく離して使うようにして下さい。

そうすることで頭皮が乾燥しすぎることも防げるようです。十分乾いたらその後冷風を使うと髪にとって良いので実践してみましょう。どうやらキューティクルを引き締める効果があるようです。そして最後にはブラッシングを行って下さい。マッサージをするように適度な刺激も与えましょう。血行促進のためです。そういったマッサージ効果のあるブラシを買うことでやりやすくなると思います。一連の流れを試し、頭皮を健康にして下さい。